*派遣の種類

特集

企業・労働者の双方にメリットがある働き方が派遣です。
現行法上可能な派遣は以下の4種類があり、それぞれ特徴が異なります。
ご自分の理想の働き方と照らし合わせて、選ばれてはいかがでしょうか。

 

登録型派遣(一般労働者派遣)

通常、派遣といえば登録型派遣(一般労働者派遣)のことを指しています。派遣として働きたい人が派遣会社に登録し、派遣会社に派遣先を紹介してもらいます。派遣内容と条件が決定した際に、登録派遣会社と雇用契約を結びます。登録型派遣のメリットは、派遣労働者の希望や条件で仕事を選ぶことができるところにあります。

 

常用型派遣(特定労働派遣) ※現在は、一部の取引先でのみ実施

仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ登録型とは異なり、常用型は派遣会社と派遣労働者が一般の正社員同様に無期限の雇用契約を結びます。派遣会社に直接雇用されているため、仕事の有無に関わらず派遣労働者に毎月の給料を支払わなくてはなりません。登録型派遣と比べると雇用が安定しているのがメリットです。
長期の業務が中心となるため、スキルや経験が必要なスペシャリスト業務が多いです。
イメージとしては、出向が前提で就職するような働き方です。

 

紹介予定派遣

派遣先に直接雇用されることを前提に、一定期間(最長6ヶ月)の派遣を行います。正社員採用の研修期間を派遣社員として就業することになります。派遣期間満了後に直接雇用に切り替えるかどうかは、企業と派遣労働者双方の合意が必要となります。派遣期間中に企業の雰囲気を知ることができますし、直接企業と雇用契約を結ぶ前に実際の仕事内容を確認することができるのでミスマッチ防止にも繋がります。
正社員になれる可能性が高いということもあって、紹介予定派遣を選ぶ方も多くなっています。

 

新卒派遣

派遣されるスタッフが新卒というのが特徴です。登録派遣会社でビジネスマナーやOAなどの研修を行ったうえで、企業へ派遣されます。そのため企業では新人研修の手間を省くことができます。
紹介予定派遣の形をとっているケースもあり、十分にお互いの理解を得たうえで採用することができます。

大宮・戸田・上尾・久喜・加須で倉庫内系作業のお仕事をお探しであれば、ヤマトスタッフをご利用ください。ヤマトスタッフの基本的なスタンスは「スタッフ第一主義」です。
スタッフは人材ではなく、大切な「人財」として考えております。仕事に関して不安点や疑問点がございましたら、お気軽にお声掛けください。