*派遣労働者として心得ておきたいこと

特集

働き方の多様化が進み、派遣労働者として就業することをご希望される方が増えてきています。
ここでは、派遣労働者として心得ておきたいことについてご紹介いたします。

派遣システムをきちんと理解しておく

派遣就労では派遣労働者、派遣先、派遣元の三者が法的な関係を持つこととなります。
この三者によって派遣システムのバランスが取れていますが、一者でも利己的に動いてしまっては、瞬く間にこのシステムは崩壊してしまいます。派遣元から派遣労働者が提供され、派遣労働者は自らの労働力をもって派遣先の仕事に着手し、それに見合った対価を得ます。三者全てが利益を得るためにも、システムをしっかりと理解し社会人としての自覚を持ちましょう。

時間は必ず守る

雇用形態に関わらず、社会人として働く以上は時間厳守を徹底しましょう。派遣労働者が時間に対して杜撰になると、労働者のみならず派遣元の信用も失ってしまいます。もし、始業時間が8時となっている場合は、7時45分には出社しておくと安心です。早めに会社に着いておくことで、余裕をもって1日のスタートを切ることができます。

協調性をもって仕事をする

職場には必ず社内慣行や取り決めがあるものです。派遣労働者であろうとも、社員として働く以上は会社の方針に従うようにし、良好な人間関係を形成するようにしましょう。社内のルールを理解し実行すれば、職場の雰囲気にも溶け込みやすくなります。

大宮・戸田・上尾・久喜・加須などでお仕事をお探しであれば、ヤマトスタッフへお任せください。ヤマトスタッフは、スタッフを人材としてではなく「人財」として大切にしております。
倉庫内軽作業や事務、医療、福祉など職種も充実しておりますので、希望したいお仕事がございましたらお気軽にお申し付けください。